留学したい人にとっては参考になるかも?僕が留学ビザを取る為に大阪のアメリカ大使館行った時のお話

留学をする前の難関、それが留学ビザの取得です。

現在は僕の地元の福岡で留学ビザが取得できるとききましたが、

僕が留学しようとした当時は東京か大阪に行かないと留学ビザが取得できないという、かなり面倒でした。

おまけに僕が留学しようとしていた時期に起こった同時多発テロのせいで、アメリカに入国する難易度はさらに上がっていました。

現に僕が留学した後に、日本人の子が1人入学する予定だったのですが、留学ビザを落とされてしまい、

僕の高校に留学してこれなかったという事が実際にありました…かわいそうですよね…

そこで今回は、留学ビザ取得を目指す人の為に筆者が留学ビザを大阪の大使館まで行って、

体験した面接の内容や雰囲気をシェアしたいと思います。

万全なセキュリティー

実際に大阪大使館へ行くとかなりの人が並んでいました。これだけビザを取りたい人がいるのか…と、

当時は衝撃を受けました。もちろんみんながみんな留学ビザとは限りませんけどね。

入り口に入ると、センサーが鳴る機械を通らないといけなかったり、荷物チェックもされます。

小物や液体とか持ちこむのは厳禁なので荷物は所定の場所に預けます。

そしていざ面接会場になる上の階に上がります(記憶が曖昧なので何階かは忘れてしまいましたw)

もうすごい緊張しますよね。この面接でアメリカに留学できるかどうかが決まるんですから…

上の階へエレベーターが上がるにつれて、心臓の鼓動がどんどん大きくなったのは今でも覚えています。

いざ!面接へ!!

当時留学を斡旋してもらっていた方にこんな事を口酸っぱくして言われていました。

何のために留学したいのか理由をきかれたら絶対にアメリカで働くためですとか言っちゃダメだよ?警戒されちゃうからね。

テロリストとかの影響で移民や住もうとしてる人には厳しいとの事でした。

その事だけを頭にたたき込んでいざ面接。僕の番が来て呼ばれると、面接とは言っても、

ドラマに出てくる刑務所での面会みたいな感じで、透明の壁に仕切られていて、丸いプツプツを通して

声を交わして会話します。

面接官は白人の40代くらいの男性でした。

まぁでも結論、5分くらいで終わりました。質問を2個されてそれで終了です。

当時の僕は英語が死ぬほど下手で頭も悪かったくせに、何を思ったのか、1つの質問に英語で答えるという荒技を使ってしまいました。

本当、何考えたんだろう当時の僕はw

しかも、まだ考えてないという意味で、not thinkとかわけわからない英語で答えたら、nothing(何もない)という意味で伝わって、会話が成り立ってしまったという奇跡がおきましたw

その面接の内容はこちらです。

どうしてアメリカに留学したいと思ったんですか?
ティー
あ、え~と、英語を学んで人生の視野を広げたかったからです。
アメリカの留学をした後にやりたいことってありますか?
ティー
not think(まだ考えてません)
oh! nothing! OK!(あ、何もまだないんですね!オッケー!)
一週間後くらいにビザ出しておきますね^^頑張ってください!
ティー
え、あ…はい!ありがとうございます!!

こんな感じで結構早めに留学ビザを出してもらえました。当時、留学ビザを取るのはかなり難易度が上がっていると

言われていただけに、ビックリして逆に唖然としましたね。

僕がなぜこの話をしようと思ったのか

アメリカに留学する際には必ずこの留学ビザは取得しなければなりません。

僕の場合はいい雰囲気でビザを取る事ができましたが、実際に取れなかった人も確かにいます。

面接官によって質問してくる事が違うと聞いたことはありますが、僕が経験した事が少しでも、

これから留学して頑張ろうと思ってる方のお役に立てるならと思い、僕が大阪の大使館で留学ビザを取った時の

経験をシェアさせていただきました。

異文化や外国で何かを意欲的に学ぼうとしている姿勢は素晴らしい事だと思いますので、是非そのバイタリティを大事にしてください。

僕も応援しています。読んでいただきありがとうございました。

アメリカの高校へ留学を経験した僕がズバリ言います。こんな人は悪い事は言わないので留学は諦めましょう。

どうして留学しようと思ったんですか??とよくきかれるので、筆者が留学した3つの理由をお答えします。

(海外へ行く人要注意)留学時代、同じ日本人留学生の友人が見知らぬタクシーの運ちゃんからカモられた話

ねぇねぇ?「留学生の親」ってお仕事何してんのぉ??

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。