宮迫氏が謝罪しているのを見て感じた違和感

宮迫 謝罪

反社会的勢力から謝礼を受け取ったとして宮迫氏が謝罪会見をひらきました。

これを見て僕はなんというか…世の中やマスコミの悪意を感じましたね。

それに宮迫氏を罰するなら他にも罰しないといけない人達がいるのでは?という矛盾も感じました。

なぜ風俗店やキャバクラなどの夜の商売は叩かれないのか?

反社会的勢力と金銭のつながりがあった宮迫氏を叩くのなら、なぜ夜の商売をしているお店は叩かれないのか?ととても疑問です。

だってそうでしょう?風俗店やキャバクラなど今だに暴力団とつながっているお店多いですよ。

こんなことを言うと、

いやいや、宮迫はお金をもらった側で夜のお店の人達は払ってる側だから違うでしょ?

という声がありそうですが、これもまた問題なんです。

だって、お店側が反社会性力に支払うお金が犯罪に使われる可能性があるからです。

具体的な例を言うと、麻薬を仕入れたり、拳銃などの武器を購入したりです。

この2つとも世の中の事件を見ているとわかりますが、基本的には犯罪で使用されています。

結局他から稼いだお金が犯罪に使われたり、巡り巡って宮迫氏のように金銭を受け取ってしまって大問題になったりする可能性があると考えると、全く関係ない話とは言い切れないですよ。

世間の注目を集めるための報道各社にとても嫌悪感を覚える

芸能人が悪いことをしたーと大きく報道すればそりゃ人々も注目します。

仲にはそれを楽しむ人もいるでしょう。

テレビ局だって視聴率とれるのでやる気を出します。

けど、本当にそれでいいのでしょうか?

注目が集まるような人を余計に叩きまくってつるしものにして、僕はそんなの面白くもなんともありません。

もうちょっと世の中にはモラルを大事にする感覚を持って欲しいと切に願います。

まとめ

ということで、今回の記事は、

ティー
他にも反社会的勢力と金銭のつながりのある人達はたくさんいるのに、そこには目も触れず、芸能人がつながっていると知ると、大袈裟につるし上げてさらし者にする世の中に悪意と矛盾を感じる。

というお話でした。

読んでいただきありがとうござい

心に笑顔と栄養がいきわたりますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。