筆者が今まで体感した、精神疾患を患って心からしんどいと思う4つの悩み

僕はパニック障害や自律神経失調症を患っていて、

ティー
なんとかならないかな~改善できないものかな…

と毎日のように本気で考えています。

というのも、生活する上で支障が出てしまうからです。

どんな支障かは話し始めるとたくさんあるのですが、

僕の場合、下記の4つの理由が一番悩ませている原因です。

  • 終わった事でもクヨクヨ考えてしまって、いつまでも気持ちの切り替えができない
  • 相談しにくい
  • 理解が得られにくい
  • 仕事が続かない

人それぞれ、症状や悩みは違うかもしれませんが、

これらの理由がどんな風に支障をきたしているのか、自由にお話したいと思います。

終わった事でもクヨクヨ考えてしまって、いつまでも気持ちの切り替えができない

皆さんも知っての通り、人生は良いことばかりではないですよね?

そりゃ生きてれば落ち込むような事は多々あります。人から怒られてしまう事もあれば、

大切な物をなくしてしまったり、あるいは、自分が頑張ってもなかなか思うようにいかなかったりと、

色々です。僕もこれまで生きてきた人生の中で、落ち込む事は頻繁にあります。

そんな時に、自分なりにはポジティブに考えようとはします。1つの例をあげてみると、

ティー
怒られるって事は、自分の為を思って怒ってくれてるってことだから、ありがたいことだ!!

とポジティブに考えようとしてみても、ちょっと時間がたつと、

ティー
怒られてしまった…しんどいし、やっぱ俺ってダメな奴なんだ…自分はダメなんだ…

とアップしたと思ったら、ものすごくダウンしてしまいます。これではダメだと思い、

なるべく自分を上げるようにと試行錯誤したり自己啓発本を読んでみたりはするのですが、

なかなか切り替えができず、結局このアップダウンするのに神経削って精神的にすごく疲れてしまいます。

その結果、身体的にも寝付きが悪いとか、疲れがとれないという事が起こり、とても困ります。

相談しにくい

僕の病気のことは僕の親しい友人関係の中でもごく一部しか知りません。

一度、信頼のある友人に相談してみたところ、

お前が心の病気だろうが、何だろうが、会社からしたらそんな奴を雇うのは困るわけだからばれないように注意しろよ

と社会の厳しさを浴びせられてしまった事がありますw

その他にも、周りで精神疾患を持ってる人が言うには、

話しても困ったような顔をされる…
信じて相談したら、メンヘラだとうわさ話をたてられた…

などの声をきいていたので余計に人や会社に相談しにくくなりました。

会社によっては、話していた方が、働き方などの相談を検討してくれるかもしれないので、

話した方がいい場合もあるかもしれませんが、やはり、色々考えてしまって、話ずらいですね…

理解が得られにくい

これもちょっと前の項目にかぶるかもしれませんね。

まぁこれは仕方のない事かもしれませんが、誰にもわかってもらえないというのは、

僕の場合はすごく孤独感を感じるわけです。もちろん、人それぞれの考え方とかもあるでしょうし、

100%わかってもらえるのは難しいかもしれませんが、せめて心にもない事は言わないで欲しいんです。

ネット上でもリアルでも、心の疾患を持ってる方々に風当たりが厳しい言葉を僕はよく、

耳にしていました。その為、常にどうせ誰もわかってくれない…という気持ちになり、

1人で抱え、1人で悩む毎日がすごく苦痛でならなかったんです…。

仕事が続かない

これは毎回毎回頭を悩ませていました。

例えば、

  • 怒られたら気持ちの切り替えができない。
  • 自分の失敗をクヨクヨずっと考えて必要以上に自分を責めてしまう。
  • 人間関係やその他のストレスに耐えきれず、身体が悲鳴を上げる(具体的には症状が出る。例えば、過呼吸になったり身体のどこかがしびれてきたり…etc.)

他にもありますが、こういう事で眠れなくなったり、体調、心身の不良を誘発させ、

仕事を続けられなかったという事が今まで多々ありました。しかし、僕がどんなにひどいパニック障害を持っていても、

支払いや生活費は問答無用で乗っかってきますので、どうしてもヤバイ時には、親にお金を借りたりして、

迷惑をかけてしまっていました…

決して僕は怠けたいわけでもないですが、これが怠慢とか弱いと言われてしまうと、

正直どうしようもありません…この事は毎回毎回切実に悩んでいます。

だからこそ、どうにか改善したいと毎日自分なりに考えてるところです。

今だに答えは出てないんですけどね…

まとめ

というわけで、僕が自分のパニック障害によって毎回頭を悩ませられるのは主にこういう状態がよくあるからです。

  • 終わった事でもクヨクヨ考えてしまって、いつまでも気持ちの切り替えができない
  • 相談しにくい
  • 理解が得られにくい
  • 仕事が続かない

上記の項目の状態は、もういいこと何一つないので、

なんとかならないかと今でも毎日考えています。

いつの日か、笑顔の多い人生を生きられるように…

ありがとうございました。

こちらは関連記事もあります↓

あの朝…僕はパニック障害になりました。

心療内科と精神科、計2つの病院に通った僕が病院について感じた事

<涙腺崩壊>強迫性障害を持つ友達に涙させられた話

僕が精神疾患を持っていて、実はネガティブだと伝えると「え!?意外!!」と言われるその理由

パニック障害という精神疾患をわずらってよかった事。ていうか本音を言うと、そう考えないとやってられんわw

精神疾患を持ってる筆者が睡眠薬が嫌いな理由

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。