【修羅場】出会い系サイトで出会った者同士のトラブル現場に遭遇!!

出会い系サイトやアプリを利用していて特に女性の方はこんな事を考える方が多いのではないでしょうか?

出会い系ってなんかトラブルとか事件に巻き込まれそうで使うのはちょっと怖い…

そう思っているのでしたら、あなたのその不安は正解です。

というのも、昔から何度も何度も実際に出会い系を通じて犯罪に巻き込まれた方が後を絶たない事実があるからです。

そこで、先日僕の仲の良い友人がたまたま、出会い系で出会った男女のトラブルに遭遇しましたのでそのお話をします。

仲の良い友人
あ、この前出会い系で会ってた男にボコられてる女助けました~

みたいな軽い感じで本人は僕に話してきた内容ですが、僕は真剣に書いた内容ですので是非ご覧下さい。

男性が女性をボコボコに…

僕の友人2人は格闘技仲間で、その夜は練習の帰り道の事だったそうです。

「あ~今日も楽しかったね~」なんて言いながら帰っていたところ、とても悲惨な光景を目にしました。

なんと男性が女性に暴力を振るっていたとの事です。

女性の頭をはたいたり、脇腹にケリを入れたりとかなりひどかった様子…

女性の方は「あっ…はぁ…!!」って言いながら必死に自分の頭を押さえて身を守ろうとしていたようです。

頭を守るのは、人間がよくやる防衛本能ですからね。

あまりの悲惨な光景に、さすがの友人も仲裁に入ったようです。

仲の良い友人
ちょっとちょっと!!大丈夫ですか!!?

友人が仲裁に入ると、男の方は機嫌の悪そうな顔をしてそのまま立ち去ったとの事です。

女性の方はさすがに軽い怪我はしているだろうと思い、そのまま一緒に警察に連れて行ったとの事でした。

人のトラブルの仲裁に入るって結構勇気がいる事ですので、僕は感心しましたね。

トラブルの詳細まとめ

友人も一応実際に現場で状況を少し見た立場ですから、お巡りさんから「話をきかせて欲しい。」と要望をされたので簡単に自分が見たままの説明をしたそうです。

そのついでに、どういう経緯でトラブルになったのか、警察に連れて行ってる時に女性から直接きいた情報とお巡りさんからきいた情報を教えてくれたのでまとめると下記のようになります。

  • 男女は出会い系サイトで知り合った。
  • 会って2人で酒を飲んでいた。
  • 酒を飲んで店を出たところ、男性が女性をホテルに誘ったが女性は断った。
  • ホテルを断ると、急に男性は怒りだし、女性に暴力を振るい始めた。

というのがトラブルになった流れです。

この事件の話をきいて元出会い系業者の僕が思った事。

元出会い系で働いていた立場として、そして実際に利用していた立場からの両方の視点から見ても、

「やはり女性は注意すべき!!」と僕は思います。

どんなにメッセージのやりとりで感じのいい人でも、実際はわからない事だらけですし、女性側にはほんの少しでもリスクはつきまとっているのは確かです。

これじゃ、女性側はいつまで経っても出会い系に対する偏見や不安は消えないよ…

今回の事件の女性はたまたま僕の友人に現場を目撃されて、助けてもらったからよかったものの、

もし彼らが来てなかったらどうなってたかわかりません。

きっと一度怒りのスイッチが入った男性の暴力はなかなか止まらなかったでしょう。

ていうか、僕の感じる事をぶっちゃけて言うと、そういうモラルのない男性のバカな行動のせいで、僕や真剣に出会いを求めている男性達まで信用を失うので本当にやめて欲しいです。

こっちにまでとばっちりが来るので迷惑きわまりないんですよね~。

そういう野蛮な人たちとも一緒にされたくないですし。

ちょっと独り言のようになってしまいましたが、自分自身が工夫して気をつける事で、かぎりなくリスクは下げる事ができますので、そういう女性の為の防衛策も別記事に書きました↓

元出会い系のサクラから、女性への注意喚起!トラブルを避けあなたの身を守る為の6つの防衛策。

まぁちょっとグレーな話になりましたが、こういう事もあったので、女性は出会い系やマッチングアプリを利用する際はお願いなので気をつけて下さいね!!という記事でした。

この記事を見て、

うわっ…怖い…

って思ったそこのあなた、その感覚は正解です。むしろ、ちょっと怖がってるくらいがちょうどいいですね。

それではまた別記事でお会いしましょう。

長文読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。