筆者が猛烈にオススメする感動映画、オリバーツイストのあらすじと感想

あらすじ

生まれながらに両親がいない主人公オリバー。

そんな彼の住める場所といえば孤児院や葬儀屋だが、どの場所でも彼自身の居場所はなく転々とする人生だった。

そんなある日、窃盗団の一味の子供に拾われ、オリバーはフェイギンという頭が率いる窃盗団と共に生活することになった。

日々盗みを働く事が当たり前という仕事なので、決して良い事ではなかったが窃盗団の仲間達と笑顔で過ごす日々はオリバーにとってこれまでにない生活だった。

窃盗団の一味として育て上げる為の下心があるとはいえ、フェイギンからの優しさもまたオリバーにとっては今まで味わった事のない温かいものだった。

そんな日々を過ごしていたオリバーにある事件が起き、それをきっかけにオリバーの人生が大きく変わってしまうが…

みどころ&感想

これもチャールズディケンズが手がけた不朽の名作ですね。

いくつもの作品を世の中に送り出している有名な作家の作品ですが、中でもこのオリバーツイストは筆者は大好きです。

かなり昔のイギリスの街並みを描かれていて、時代の変化を感じました。

しかし、中でも筆者が何回見ても涙したシーンはやはり、オリバーとフェイギンの抱き合うシーンですね。

恵まれた環境で育たなかったからこそ、普段では見過ごしてしまいそうな人の温かさや感謝を忘れないオリバーの純粋さには人として大切な事を教えてもらいました。

「当たり前に思えてしまってる事が実は当たり前じゃない。」

心揺さぶられる感動を是非体験して欲しいです。

あわせて読みたい↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。