高評価のヒューマン映画 ダニーザドッグ

あらすじ

これは人間なのに犬のように育てられた主人公ダニーの物語。

人間なのに首輪をつけられ、命令すれば人を襲うように教育され続けてきたダニー。

並外れた運動能力から繰り出される格闘技と野生。

そのように育て上げた高利貸しのバートは金を返さない輩に対してダニーを使い、日々厳しい取り立てを行っていました。

そうやって使われる日々を送り続けるダニーはある日盲目のピアニスト、サムと出会います。

そしてある事件をきっかけにダニーはサムに拾われ、サムとサムの娘であるヴィクトリアと一緒に生活を始めます。

自分の事を人として大切にしてくれるサムとヴィクトリア。そして初めて自分が心から好きになれたピアノ。

そんな生活をする中で、ダニーはどんどん人間としての自分を取り戻していきますが、

そんな大切なサムとヴィクトリアが命の危険にさらされるピンチが訪れます。

これまで犬として闘っていたダニーは今度は人間として愛する人を守る為の闘いに挑みますが…

みどころ&感想

犬として育てられた者が人間になっていく。そのギャップが心や感情の表現をわかりやすく視聴者に伝えてくれます。

アクション映画として知名度がある映画ですが、筆者からしたらこれは人間味を描くヒューマンドラマですね。

ましてや、人間が犬として育てられるという独特のストーリーがまた興味深い!!

人から愛される、そして愛するという事。心から好きと思えるものに出会える喜び。

本当に純粋という言葉が主人公ダニーからにじみ出て面白いです。

筆者はこの映画から頭でっかちで口先ばかりになってしまう大人よりも、こういう子供心を持った大人もいいなって教えられたような気がします。

よって高評価にさせていただきました!!

その他の好きな映画↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。