涙涙の感動の大作!ボクシング映画サウスポー

あらすじ

ライトヘビー級の世界王者になり、富、名声、そして幸せな家庭全てを手入れていたビリー。

そんな彼の唯一の欠点は短気で喧嘩っ早い性格だった。ある日、他のボクサーからの挑発を受けてその気の短い性格の為、乱闘になってしまうが、

その際に、相手ボクサーの兄弟の発砲した弾丸が愛する妻に命中し、妻は絶命してしまう。

唯一の心のよりどころを失ってしまったビリーは深く傷つき薬物に手を出し、自殺未遂にまで至ってしまう。

その結果、妻が亡くなった今、唯一の家族である娘とも裁判所から引き離されてしまう。

もう一度、娘との絆を取り戻す為に、新しいトレーナーに教えを請い再起をはかるが、

彼に降りかかる困難はこれだけには留まらなかった…

みどころ&感想

筆者自身も格闘技を趣味でやっているので、ボクシングのシーンにはもちろん興奮したんですが、

それ以上にこのサウスポーのみどころは、家族愛どん底からはい上がろうとする意志の強さを教えてくれました。

特に、涙を流しながら「パパが死ねばよかったのに!!」と娘から顔を引っぱたかれるシーンは複雑な気持ちと涙を誘います。

それだけに家族への愛情の深さって何なんだろうって改めて考えさせられましたね。

大切な人の為に倒れても起き上がって進み続ける。

そういう熱いの筆者は結構好きですよ。以上、涙を流せるボクシング映画、サウスポーの評価でした。

あわせて読みたい↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。