映画ラストベガスが教えてくれた野郎同士の友情の熱さ!

あらすじ

幼なじみで高齢になっても仲の良い4人組の1人、ビリーがなんと結婚する事に!!

しかも相手は歳の離れた若い女性。

仲良しの4人組はビリーのお祝いの為にラスベガスに集まり、バカ騒ぎしようという事になりましたが、

4人組の内の1人、パディだけは乗り気ではなかったのです。

理由はパディの奥さんが亡くなった時に葬儀にビリーが来なかったから。

その為、久しぶりに会っても小競り合いになってしまった2人。

そんな険悪ムードな中でも何とか4人で楽しもうと試みる親友達だが…

みどころ&感想

なんと言っても元気を与えてくれる映画ですね。歳を感じさせないファンキーさと子供心がすごく気持ちを明るくさせてくれます。

そして改めてですが、同性同士の友情っていいなぁってつくづく思います。

社会人になったり、お互いに別々の道を進んでからそのままって関係は多いのですが、

歳をとっても野郎同士の友情は楽しいし、大切にしていきたいなぁと思わせてもらいました。

ラストベガスは腹の底から笑いたかったら是非ともオススメです!

その他の好きな映画↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。