アドミックブロンドに出演してるシャーリーズセロンがとにかく美人だった!

あらすじ

ドイツを舞台にベルリンの壁が崩壊するかしないか頃の題材にしたお話で、

現地に潜伏中のスパイが殺された上に、世界的機密リストが奪われてしまい、

シャーリーズセロンが演じる主人公の女スパイがその奪われた機密リストを取り戻す為に、

危険なミッションに身を投じるという物語です。

みどころ&感想

一番の印象はなんと言っても主演のシャーリーズセロンがとにかく綺麗だったという事ですね!

前から美人さんだと思っていたけど、久しぶりに会っても相変わらず綺麗でした。(友達かってw)

知的で時に荒々しい女スパイを演じていて、アクションシーンは…

あれはアクションというよりも暴力でしたねw

スタイリッシュなアクションを求めてる方にとっては微妙かもしれないですが、

それくらい激しくって、動きが雑なところが多々あってそこがまた新鮮でした。

あとは、スパイ映画のあるあるで、どんでん返しや裏切り、謀略など、

結構初めから最後までの展開が早いので、集中して見ておきましょう。

しかし、勘のいい人なんかは途中で察するかもしれませんけどねw

なんかベルリンの壁をたたき壊そうとしているシーンとかあって、時代の革命を

映画を通じて感じましたね。まぁ筆者としてはなかなか面白い映画でした。

その他にはこんな映画も見ました↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。