エマワトソンの可愛さに悶絶!ディズニーの名作美女と野獣

いつもはあらすじの説明から映画の面白さを語る筆者ですが、正直この映画はディズニーの不朽の名作で有名な為、

今さらあらすじはそんなに必要ないかな?と思ったので今回は省きますw

この映画の見所は下記の2点です。

  • エマワトソンがすっっごく可愛い
  • 映像技術がとてもハイクオリティで綺麗

エマワトソンの可愛さと映像技術にとにかく大興奮でしたw

エマワトソンがすっっごく可愛い

いやーこの見出し通りなのですが、とにかくエマワトソンが可愛いの何のってw

この映画の話題では演技力とか歌唱力云々が話されていましたが、

筆者からしたらエマワトソンは紅一点の主役でした。

あの煌びやかな笑顔と表情を是非実際に映画を見て確認していただきたいですね。

映像技術がとてもハイクオリティで綺麗

筆者は優れた映像とかを見るのがすごく好きで心動かされる要素の1つです。

この美女と野獣の映像技術もかなり優れたものでした。

筆者のお薦めの映像シーンは主人公のベル(エマワトソン)が野獣とダンスをするシーンです。

筆者は物語の内容以上に、そのシーンの映像に感動させられ目の奥が熱くなりました。

まとめ

もう一度言いますが、兎にも角にも下記の2点がこの映画の良さです。

  • エマワトソンがすっっごく可愛い
  • 映像技術がとてもハイクオリティで綺麗

映画館に見に行った時は知名度が高いだけあってお客さんがたくさんいましたね!!

あの客席の埋まりように筆者はビックリさせられました。

これは原作アニメの美女と野獣を見ていなくても楽しめると思います。

ちなみに筆者も原作見たことなかったですw興味あれば是非一度見てみてください。

以上!ディズニーにあまり詳しくない筆者オススメのディズニー映画でした。

その他の好きな映画↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。