ネタバレ注意。映画パティ・ケイク$(ス)の評価!!

あらすじ

アル中の母親と病気の祖母と暮らす主人公パティ。

太った体型で地元の人々からバカにされ続けるパティだが、そんな彼女にも才能があった。

それはラップの才能だった。誰よりもリズム感があり、独特の歌詞をラップにして歌える彼女はラッパーになり、

成功する事を夢みていた。

しかし、夢をつかむのも簡単ではなく、アルバイトをしながら、チャンスを待つが、次から次へと彼女に困難がのしかかる。

日々の督促、祖母の病気の悪化、母親との確執、職場からの解雇、チャンスがきてもつかみきれない現実…

何度も何度もチャンスを逃すパティにラストチャンスともいえるオーディションの話が舞い込んできた!!

あらゆる困難を抱えるパティだが、全てをかけてオーディションに臨む決意を固めいざオーディションに臨むが…?

感想・評価

これはアメリカンドリームのあるあるサクセスストーリーですが、主人公が特徴的なのもあり、面白かったです!

太った白人の女の子がラッパーになる夢を追いかけるというのがまた斬新ですね。

しかも、ラップが絡む映画なので、下ネタや汚い言葉が飛び交いますw

夢の道のりの途中での困難は色んな人に起こりえるケースを取り上げてるので、そこは共感持てる人が多いでしょう。

ここからはネタバレになってしまうのですが、ラストのオーディションは優勝は逃しますww

まぁ最後は主人公が勝つと思わせておいて~ということろがいい意味で裏切ってくれるのでよかったですね。

けど、優勝を逃してからのどんでん返しを感じたいのであれば是非見てみるといいでしょう。

もう一度言いますが、太った白人女性ラッパー映画は見物ですw

あわせて読みたい↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。