初心者に不動産投資は現実的?僕の友人の不動産持ちのお話をしましょう。

インターネットで調べ物していると、不動産投資に関する広告をよく見かけます。

例えば、将来の少ない年金への不安を一気に解消!みたいなのとか、目指せ!不労所得~みたいなのとか色々ですね。

ティー
もう~うっとうしいな~

なんて普段は思いますが、こういうのを見ていると、僕には家族が不動産オーナーやってる友人がいて、

昔その友人に筆者が率直な疑問を投げかけたところ、驚くべき答えが返ってきたので、

初心者なんだけど、不動産投資ってどうなんだろう…興味あるな。って人に向けてシェアします。

今回は1から説明するスタイルで文章書いてるので、読むのだりぃよ!!とか、長げぇからめんどい…って思う方は、

途中でページを閉じちゃって下さいw

家族で不動産投資やってる友人家族の簡単な紹介

元々は友人のお父さん名義のアパートだったのですが、お父さんが亡くなってしまった為、

現在の不動産の名義は彼のお母さんになっています。つまり現在のオーナーは友人のお母さんですね。

彼のお母さんはアパート経営しながらも、パートで働いています。

僕と友人との会話内容

上記でお話したように、筆者にはある疑問が浮かび上がりました。それは…

ティー
どうして不動産で家賃収入があるのに彼のお母さんはパートで働いてるんだろう?

気になったので彼に直接きいてみた結果、下記の会話内容になりました。

ティー
そういえば、どうして不動産やってるのに、お母さん頑張ってパートで働いてるんですか?
アパート経営者の息子
家賃収入はありますが、もし配管とか家の内装に不備が出て、修理や補修が必要になった場合、普通に7桁の金額が飛ぶんです…いつそういったお金のかかる状態になるのかわからないので、家賃収入だけには頼れないんですよ…
ティー
マジですか!!?つまり、不動産にもし何かしらの修繕が必要になった時の高額な修繕費を手元に持っておく為に、普段から家賃収入以上のお金をパートで稼いでまかなっているって事ですか…?
アパート経営者の息子
そういう事です。
ティー
……(絶句)

まとめ&僕の気付き

彼のケースから見る、不動産投資の現実のまとめ2点はこちらです。

  1. 所持してる不動産の管理費(修理費)が7桁で高額。
  2. いつ高額な修理費が発生するかわからないという恐怖心で労働を辞められない。

もうなんか…資産ではなく、負債になってますね。

よくある不動産投資の広告では、華麗なる営業マントークや効果的な広告によって、

こういった生々しい現実を突きつけないので、リスクはあるとは頭の隅ではわかってはいても、

実際にはピンとこないのが現実だと僕は思うわけです。そしてポジティブなイメージだけが先行して安易に手を出してしまう…と。

僕が彼の話をきいて学んだ事は、

ティー
初心者の感覚で安易に手を出すものではないな。

もちろんこの話をきいた不動産投資のプロの方々で、いやいや、そういう時はこういうやり方もあるよ。と思う方々もいるかもしれませんが、

現実にはこういうケースがあり、今回はアパート経営で苦い汁を吸ってる人もいるというよというのが論点です。

実際に彼のお母さんは不労所得どころか、労働をやめれないのですから…

働かずにお金を得たいからというイメージだけで手を出すのではなくて、自分でリスクをコントロールできる範囲なのかどうかを考慮しましょう。

誇大広告や言葉巧みな営業マンには要注意です。

それではまたお会いしましょう。長文読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。病み系、出会い系が得意なクリエイティブライター&社会不適合者。
フリーター歴10年、サラリーマン1年半といったところ。
幼少期に母親から虐待を受けたり、アメリカ留学したり、出会い系の会社に勤めたりと色々とまとまりのない経験多数。
パニック障害や自律神経失調症といった心の病と現在も共存中。
スイーツと映画をこよなく愛している。
もう自分自身を殺して生きる事に疲れ果て、ありのままの自分を表現する為に、当ブログ「Tough Life(タフライフ)」を運営中。
→ 詳しいプロフィールはこちら。